インセプション

de.jpg


副題「で、私もコウジ様を植え付け」

映画「インセプション」のDVDを観た晩、見事に、山本耕史の夢を見た私。
我ながら、すごいと思った^_^;
しかも、サイン会で、すごい少ないファンしかいなくて、目の前でずっと観てるというシチュエーション。残念ながら、サイン寸前で目が覚めた、ぅぅぅ。

映画は、まさに、その人の夢の中に入り込んで、アイディアを盗んだり、更には、題名の意味のように「植えつける」こと。
渡辺謙の依頼で、ある大企業の御曹司の夢に入り込み、会社を継ぐ意思をそぎ、その会社を潰すという、とっても素敵に荒唐無稽な計画なんだけど、デカプリオはじめ、みんなが真剣で、なんか、平和で楽しくなる。
いろいろ撃ち合いもあるんだけど、全部、夢の中のことだし、何より、その画像!!
ほ~んとに、夢の中のように、道が空に向かって曲がったり、突然、潜在意識である人物(愛する人とか)が現れたり!ノーラン監督の世界!?

マトリックスや、マイノリティ・レポートを思い出すような、脳内行動映画なんだけど、「夢」というくくりが、ある意味解かりやすくて、優しいイメージだった。

夢の中で、更に夢を見ることで、時間がだんだんと長く設定できるなど(現実には、5分でも、夢はもっと長く感じる)、面白い発想で、楽しませてくれた。

謙さんは、さすがの国際俳優で、貫禄。
デカプリオも、確かに、シャッターアイランドと同じ表情で、しかも、最後は、また、これも夢??って思わせるような感じだったけど、一応違ったし、はまり役で、良かった。

いやぁ~、こういう映画は素直に楽しんだほうがいいネ♪
いい夢も見れたし(*^。^*)タハハハ・・・。















スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンク
リンク
Twitter
俳句
電力使用メーター