弾き合い会、思わぬ展開へ♪(^_^;)


前日にはレッスンで、最後の悪あがき。
声楽伴奏(イタリア歌曲「恋ゆえにわがこころ君を」)も、ピアノソロ部など、特に大直し(装飾音の入り方など)で、冷や汗で、一夜漬けで練習することに。

その時、次の番だったお友達は、当日参加できないとのことで、弾く予定にされていたバッハ平均律2番を、聴かせていただき、またもやその安定感に感動し、自分のソロも、何もかもやばい~と帰宅。

当日、まずは、ソロ。
プレリュード3番の暗譜はどうにか。ミスも、すこ~しずつ減ってきて、もちろん、とてもじゃないけど、スムースさに欠ける演奏なのだけど、レパートリー保持にお付き合いいただく。
雨だれは、譜を見てもメタメタ・・・。最後の聴かせどころも、間違える始末(滝汗)。
でも先生には、「昨日より、だいぶ落ち着いた演奏になりましたよ!」と励ましていただく。

皆さんの、ブラームスやリストに聴き惚れ、先生のリスト「愛の夢」にため息をつき、さて、声楽伴奏ですね!と。もう、本当は、気が抜けて、今日はやめようかと思っていた矢先(^_^;)

とにかく、ソロパートは丁寧にゆっくりと、後は、先生の歌声に合わせ、楽しく♪
終わってみたら、昨日よりはましになり、拍手喝采~、とまでは行かないけど、先生も「楽しかった~!」と仰って下さり、みんなもいい曲ですね~!と。

で、やれやれ、これでGWのオフ弾きあいも頑張れそう~とお茶をすすっていたら・・・。

先生が「歌会やりましょう!」といきなり・・・!
次回の弾き合い(発表会直前)は、まず、それぞれ伴奏コンビを組んで歌披露し、そのあと弾き合いしましょと。爆弾宣言。

リストを弾かれたお友達は、シューマンのあの献呈(もともと歌曲?)だったので、ちょうどぴったりということで、「ミルテの花」(シューマン歌曲集)から。ほかにも、イタリア歌曲集から、じゃあ、貴方はこれね・・・みたいに。
突然の振りに、みなさん唖然としつつも、楽しいかも、ということで、夜更けまで、あ~だこ~だの教室だった。
カロ・ミオ・ベンの大合唱も始まるし・・・・(笑)。

思わぬ歌会の盛り上がりに、びっくりしつつ、でも、やっぱり歌も、ピアノとまた違うストレス発散で、いいな~と再認識。声を出す、というのは別な感覚だし、からだがほぐれる。

これからが、また楽しみなのであ~る♪














スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンク
リンク
Twitter
俳句
電力使用メーター

Copyright © 日々是好日 All Rights Reserved.