両膝負傷~マーガレット展~アルゲリッチ~台風、怒涛の休日

cake.jpg

tora.jpg

osukal.jpg


金曜日、三連休の準備万端整えて、自転車で銀行へ。
その道すがら、車道を走っていて寄ってきた車(ベンツだったとはっきり覚えてる)をよけて歩道へ、その瞬間、縁石に乗り上げ転倒、痛い~~~、手には異常ないものの、両膝にすごい痛みが。
そのまま、どうにか歩いて用を済ませ、帰ってみたら、Gパンの裏側にも血が・・・・。
アザと傷。すぐに、車で外科に。レントゲン異常なく、傷の手当と痛み止めもらい、飛行機の時間迫る中、飛行場へ。Gパン類はとても履けず、急遽ワンピースで。

とにかく、階段の上がり降りが最悪で、エスカレーター。エレベ-ターを探す。
こんなにみんな早く歩けるんだと、驚愕。健康のありがたみを知る。

翌日は、予定どおり、マーガレット展へ。
六本木周辺は、案外空いていて、孫ちゃんを公園でセレブに遊ばせたり、虎屋カフェに♪
美味しかった~。

マーガレットは、もぉぉ、感動もので、涙が出そうだった。
わたなべまさこさんのガラスの城から始まり、美内すずえさん、土田よしこさん・・・。
鶴姫には、ほんと感激だった。若い人たちは、へ~、お姫様なんだ~とか言ってておかしかった。
オカルトものも好きだったので、そのあたりもちゃんとあって、懐かしすぎ。
ああいう自分もいたんだ~、と蘇る不思議な感覚に。
アタックナンバーワン、エースをねらえ、ときて、いよいよ、ベルバラ。
もぉぉ、涙が・・・・。タカラヅカにも行ったあの頃。
オスカルの原画?の前で、しばしたたずんでしまった。
最近の作品は、残念ながらわからないけど、娘は感動してて、親子4代(母は、へ~と感心、孫ちゃんは、ベビーカーでお昼ね)で楽しめた。

その翌日も、今度は青山子供の城へ。夜は、表参道ヒルズで、野菜のディナー。
懐かしい場所の変貌ぶり、賑わいに驚きつつも、まぶしい時間だった。

さて、でも、台風はその頃も、着々と移動していた。
13日、神戸経由で帰るべく予約していたので、とにかく羽田へ。神戸までは飛ぶ、と言うし、橋(明石大橋)もまだ通れるとサイトで確認。よし、行けると飛び乗る。
引き返すこともあります、と言われつつどうにか神戸に。
で、バス乗り場に痛い足を引きずって歩くも、誰もいず、問い合わせたら、運休だと。
ガ~ン、もう動けない。飛行中に、橋が閉鎖になったのだった。
諦めて、神戸に泊まることに。
そうだ!アルゲリッチの映画をやっていた!と、へこたれない自分^^;
早速、元町のシネリーブルに。まだ、風は静かだったけど、大丸も4時までとか言ってて、不安もあったんだけど、とにかく行った。
なんと、観客は3人。もぉぉぉ、大画面と素晴らしいアルゲリッチの演奏を、ほとんど独り占め!
ショパンのP協奏曲1番が流れた時は、涙が溢れた。
音楽は、感じるもの、言葉では説明できないのよと・・・・。
複雑な家族関係の中、本当の天才として、美貌と才能を開花。
父親の違う娘達3人への愛情は、音楽のように豊かに繊細に湧き出てくるようだった。

と、台風のことなど、まるっきり忘れていた・・・・。

出てきたら、だれ~~~もいない元町。あんなの初めてだった。
JRも運休。暴風雨の中、持参してたカッパを着て、どうにか地下鉄で三宮に。後はタクシーでホテルに、やっとの思いでたどり着く。
駅のコンビニに買った(とても、レストランとか行けない)夕食を部屋で食し、テレビをつけっぱなしにして、過ごす夜。外は、雷と風雨。
怖かったけど、すごい充実した休日だった。。。。









スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンク
リンク
Twitter
俳句
電力使用メーター

Copyright © 日々是好日 All Rights Reserved.