変わらないことはないはず♪

昨日は、今年2回目のレッスンだった。
どうも、年末からやる気がトーンダウンしていて、長いスランプ?な~んて思っていた。
ポロネーズ1番、一度本番を終え、意気込んで先生には、後半年掘り下げて、再び6月の発表会で~となんて言っていたのだが、結局、後半年弾いたところで、変わらないのでは~、なんて沈み気味だったのだ。
バッハも、前の弾き合いで、あまり良い結果出せず、やはり自分は、耳が悪いのかも~とか、能力ないかも、なんてこれまた後ろ向きに。

でも、1週間弾かず、だった間隔が、すこ~しずつ狭まり、ここのところ、レッスンに向けて毎晩ピアノに向かう日が続くようになった。

ポロネーズの最初の1小節の和音を「揃えて」弾く。
これだけでも、神経を研ぎ澄ませて聞けば、全然違うのだと、改めて思えるようになってきた。
「揃えて弾く」ということだけを、目指すだけでもいいやんか、そう思えるようになってきた。
それだけ、素晴らしくかっこいい曲だし、それが、どれくらい自分の中で変化できるかを、試すだけでも、いいじゃんか~と。

簡単に思えることのように感じるのだけど、いざ、ピアノに向かうと、その気力が萎えていたここ1ヶ月だった。

昨日のレッスンでも、インベンション、先生の指示は、全て、そのように、「神経を集中して弾くようにしてみる」ことであった。
例えば、問いかけと答えのように感じて弾く、あるいは、調の変化を、事前に感じようとするとか。
指を動かすこと以上に、そういうことに集中していくことで、変化が生まれるはずだし、生まれてほしいな~と。
それが、再び楽しく感じ始めた昨日だった。スランプ脱出かな(^.^)

ポロネーズは、前半を暗譜で聴いていただけた。
これも、少しずつの変化。
そして、後半の、細かいレッスンに入った。
前回の本番までは、いかに、そこまで考えて、鍵盤を深くきちんと弾いてなかったか~がわかった。

ダラダラ~でなく、どんどん深くレッスンが進んでいってるのかもと、実感した。

それが、本番でできるかどうか別にしよう。
でなくて、そういう風に弾きたい、感じて弾くことを試してみようと思った。

それこそが、醍醐味だよね♪












スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンク
リンク
Twitter
俳句
電力使用メーター

Copyright © 日々是好日 All Rights Reserved.