夢について語る^^;

ネットで、ピアノ関係のお友達が、ご自分の夢(弾きたい曲)について書かれていて、私も思わず・・・・。

それに、最近、知ってる方が、次々とコンペに出られたりして、本当に、皆さん、意欲的で、前向きで、素晴らしいと思う。

私も、数年前、わざわざ神戸の会場まで出向き、先生と母と娘に、ステップでワルツ1番を聴いてもらったのを思い出した。

その後、3回、ピティナには参加したけれど、何か、発表会とはまた違う、緊張感。
それに臨むまでのアスリートのような調整などなど・・・。
当日は、先生や教室とも離れ、どこか、孤独も楽しみつつの挑戦、という、部活の試合のような感覚もある。

おそらくコンペには、もっともっと、そこに計り知れない緊迫感とともに、達成感や、勿論挫折感もあるのかもしれない。

お友達は、皆さん、素晴らしい好結果で、自分が挑戦したら、その結果にまた大いに凹むだろうから、遠くで見守るのみなのだが、すごく素敵だな~と思うし、いつか、自分もそんな中に参加できたらな~、なんて気持ちが、フツっと体の奥底のほ~で、湧いたような気がした^^;

でも、そこに至る為には、本番も何回も作り、練習もしっかり積み上げていかねばならない現実があり、やはり、当面は、「夢」なのだ。

そして、夢の曲。
と言えば、やはり、ショパン。

前奏曲は、全部制覇(譜読みのみね)したいくらいだし、ノクターンも7番なども、見つけてしまったし、ワルツも、次々弾いてみたい曲が・・・。

そして・・・・。大きな夢は、いつかいつかのバラードとかになっていくんだけど、その前に~、ポロネーズを~と思い始めている。

で、出ました、「英雄」!!

実は、テレビ東京の日経モーニングサテライト(朝のニュース番組)の男性キャスターも、子供の頃ピアノ習っていて、最近レッスン再開したようで、「英雄」を是非弾いてみたいと語っていた。

前に、先生は、確か、「ポロネーズは、どれでもいいですよ!弾いてみてください!」と、「確か」仰っていたので(記憶が正しければ)、夢の目標に掲げてみたいのである。

ピアノは逃げない。挑戦の場も、逃げない。
夢は、追いかけ続ける限り、なくならない♪♪きゃぁ・・。

ばあちゃん愚痴が満載の日々で、書こうかと思ったけど、明るい夢の話にした。















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンク
リンク
Twitter
俳句
電力使用メーター

Copyright © 日々是好日 All Rights Reserved.