ひとつの克服、だったクリスマス発表会♪

hana.jpg


いろいろいろいろあって、ピアノに対する気持ちが沈んでいった年でもあった。
どうにか、楽しさを本当に感じられるのが、連弾だった。
相方さんに、全ての気持ちを吐露しつつ、とにかく合わせる楽しみを続けた。
最初は、その先にどこに発表する、などの意識もなく。
そして、練習の度に、お互いのソロも弾きっこ。
これも、これを発表会で弾くのはね~、なんていつも言いつつ。
その間、度重なる上京、怪我、血圧と、あって、次第に見えてきつつあったクリスマス発表会にも、不安が漂っていた。
でも、合わせるのが、本当に楽しくて、練習会は週に1回は必ず、多い時は2回。とにかく、弾いた。
優しい相方さんは、私のソロをいつも励ましてくれて、少しずつやる気が出てきていた。本当に、相方さんが先生のようだった。毎週のレッスンのように。
相方さんも、本当に素敵なノクターン9-2を聴かせてくれた。

ただ、本番が近づくにつれて、どうしても払拭できない、克服できない何かもあった。
暗譜できないソロに対し、義妹に対し、釈然としない気持ち。
直前にも、読まなきゃいいのに、いろんなサイトの暗譜話を見てしまい、中には、暗譜できるくらい練習した曲でなければ、舞台に上げるべきでないとか・・・・。逆に、暗譜できるくらいの曲を選んで、練習すべきみたいな。義妹を見ていると、そんな気もしていたし。

でも、思えば、先生は、最初の発表会の時から、そんなことは(暗譜しないといけない)一言も仰ったこともなかったのだ。義妹との関係で、勝手に自分でそういう枷(かせ)を履かせていたのかも。
そんな思いの中、今回も、到底暗譜は出来なかった。
部分的にはせざるを得ない部分があって、それも怖いくらいだった。
譜を見ることで、中途半端になるから、見る箇所はガン見するしかないし。
とにかく、自分の音を出そうと思った。

前日リハでは、1年ぶりの舞台ということもあって、足がガタガタ震えて、演奏もガタガタ。連弾は、どうにか弾ける気がしていた。

当日リハ、蓋を開けてみれば、義妹もあっさりと譜を置き、それでも、白くなる~とか言いつつ、バッハを綺麗に弾いていた。なんか、拍子抜けもしたけど、そんなこともあり、少し垣根が取れて、ドレスの紐を結んでもらったり、なんか近づくことができた。
以前だったら、目を合わすのも、ためらいがあったのに。

そして、本番。譜をしっかり見て、どうにか最後まで。先生に言われた箇所を、少しでも思い出して再現したかった。終了後、先生に、「ちゃ~んと、出ていましたよ~!」と(感涙)

連弾も、相方さんの美しい真紅のドレスと、私のブルーのドレスで、リハよりも落ち着いて弾くことができた!
相方さんのお友達のお子さん(男の子)にも、良かったよ~と握手していただけた。
発表会でただ一組の連弾で、気がつくと緊張が高まっていたが、先生も「連弾は、やはり良いですね~!練習の賜物です。」と言っていただけた。

私の目にも、相方さんの目にも、涙が溢れてしまって、言葉にならなかった。

譜を見たって、ド緊張はする。
暗譜する、しないに関わらず、自分の音を出そう、と改めて思えた発表会だった。
自分の気持ちへの克服が、ひとつできた思いだった。

オマケ:
義妹から、「初めて」、お義姉さん、綺麗だったわよ~、と言われた。心の中で、ガッツポーズ!
これで、正月にワイワイ一家で食べに来ることも、一応許してあげようかな。。。。









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

良かったですねー

いろいろあったけれども、いろんなことが全部良い方へ向かっているような。
お話の中にそんな空気が流れています。
努力の賜物だと思います。
譜面があっても怖いですよね、たった一回の本番でいつも通りのことができるかどうか。集中できるかどうか。
もう6−7年前ですが、姉が大人の練習会と言ってホールを借りて行う会があって、演奏会ではないし、ホールのピアノなんて弾いてみたいと参加しましたが、部屋では普通に弾けていると思っていた曲が全然思ったように弾けず、時間ばかりが長く感じて早く終わらないかなということばかり考えてしまいました。
この曲はこんなに長い曲だった?と。
弾き始めは「電子ピアノよりも全然感じいい」と思ったのですが、なんだか全く集中できず弾かなければよかった・・・と思いました。
でも、そういうことも経験しないとわからないですもんね。
へー集中できないってこういうことなんだ、とその時に改めて考えました。
どんな風に弾こうかを考えて集中できるってすごい事です。
また来年も!ですね。
で、動画は?

アールさん♪

うふうふ、いつも遠いところ、お呼びたてしましてi-229
はいぃ~、ここ数年のリベンジが、どうにか出来た思いでした。
演奏自体、どうも、釈然としていなくて。勿論、ノクターンも、全然未熟なのですが。前奏曲に比べると、平易だったような気がします。
いやぁでも、努力などしてないんですよぉ、ドラマばっかり見てましてi-201でも、義妹に対しては、正直くやしくて(あ、言ってしまいましたi-202)。

アールさんのご経験、わかりますぅぅ。
譜面があっても、その音を押さえられるのか、出すまで不安で。
そうなんですよね、集中できないです。
たった一回の本番、いっくらリハーサルがまあまあでも、本番で納得いかないと、泣きそうになります。
部屋で弾いてるのとも、本当に全然違いますよね。あれは、何なんでしょうね!?焦ります・・・・。

そうそう、経験しないと、本当にわかりませんよね。
暗譜も、得意な方もいれば、そうでない人もいるわけで。
周囲に振り回されずに、楽しもうと、改めて思いました。
アールさんにも、報告したくて(どっちになっても)、頑張りましたi-235
そうでうね~、また、参加してみようと思いますi-185

動画・・・・。
実は、こんな時ほど、何も準備してなくて。準備する余裕もなくでしたi-58
先生のが多分あるので、もし出来たら、性懲りもなくまたお知らせに上がります<(_ _)>
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンク
リンク
Twitter
俳句
電力使用メーター

Copyright © 日々是好日 All Rights Reserved.